ファインバブル発生装置(バブーン)

ファインバブルとはマイクロバブル、ナノバブルの総称です。
現状の泡のサイズはナノからマイクロにわたっているため、このような浴槽にこのファインバブルを発生させると、入浴剤などを使用せずに白濁させることが可能です。
また、装置を停止すると数分で、元の透明な状態へ戻ります。
弊社の実験では、空気を溶解させた状態でもこのような温浴効果はみられておりますが、溶解させる気体を二酸化炭素にすれば、炭酸浴等も可能になり、さらに効果的です。

マイクロバブル発生状態

  • 特徴

    小型・軽量
    低騒音
    省エネ
    簡易メンテナンス
    安全性

温浴効果

  • 目的・用途

    ・皮膚表面の脂質や
    老廃物を分解し、汚れを除去
    ・水圧による体への負担を軽減

小型海水淡水化装置(デサリオン)

こちらはデサリオンという名称で、小型の海水淡水化装置です。
開発の背景は『枯渇する水・増える人口』です。
世界で安全な水がどれだけ確保できているかを表した図です。我が国は幸いにして、100%確保できていますが、アフリカ・東南アジアでは不足している国が多いことがわかります。
世界を見れば安全な水を十分にアクセスできる人は少ないということです。
水生成能力は1日1000リットル、水質は日本の水道水の水質基準をクリア、サイズはおよそ90cm×60cm×100cmとコンパクトで、従来のプラントなどの大型の施設ではなく、ピンポイントで設置して簡単に造水できる製品となっております。
小型化にこだわった分、一日あたりの造水量は少なめですが、150kgと軽量で、騒音値も1300ccクラスの小型車のアイドリング音と同等なので、かなり静かです。
また、IoT技術を導入し、機器の状態などが遠隔地から監視できる構造となっています。

小型水力発電ポンプ

図のように、山間河川やため池の有効落差と流量を利用し、100V 50/60Hz 最大700Wの電力を発電する製品です。
特徴は、省設置スペース、簡単設置、小型軽量です。
目的・用途は、河川・ため池の有効利用、産業プラント、大規模商業ビルの未使用水の活用、災害時のライフラインの確保です。
図は、産業プラント、大規模商業ビルの未使用水の活用の例です。

気体溶解装置(サンソルバー)

この製品は、当社マイクロバブル技術を応用した独自の方法にて、気体を液体の中に効率よく溶解させて高濃度気体溶解水を生成する装置です。
陸上養殖における酸素使用量を削減するために生まれました。
陸上養殖とは、海などの天然水域で行う養殖に対して陸上の施設内で養殖を行う方法です。
多くの陸上養殖現場では、溶存酸素量を安定させるために酸素を直接供給するエアレーション方式が採用されておりますが、本製品を使用することにより、酸素消費量を大幅に削減することができます。
また、Sansolverは大学との共同研究において、養殖におけるストレスをコントロールすることにより、生存率の向上や成長期間の短縮など様々な研究成果が確認されております。